ハノイで「闇食品」腐りかけの肉など6トンを押収。ローカル食堂等へ流通か

HÀ NỘI: BẮT GIỮ 6 TẤN THỰC PHẨM ĐÔNG LẠNH KHÔNG NGUỒN GỐC XUẤT XỨ

6トンを超える未登録の動物食品、臓器、脚などが、コニュエ2区の当局によって発見された。

事業者は現場にいなかったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の隔離緩和後、大量の動物食品をハノイへ運び消費しようとする組織が多く見られる。

こういった「闇食品」は、安い屋台やローカル食堂で提供されることが多いとみられる。

闇食品
未登録食品は品質に問題がある場合が多い。

未登録食品
黒ずんでいる鶏肉。

闇食品
腐って一部崩れかけている肉。

これらの商品は原産地が不明であり、管理局に未登録で品質検査されていない。

したがって、多くの人にわたって消費されると、直接身体に害を及ぼすと見られ、これらの商品は当局によってすべて廃棄される。

【Amazonおすすめ】まんがで簡単にわかる! 日本人だけが知らない汚染食品~医者が教える食卓のこわい真実

関連記事:  サイゴンのフォーはどこから来たのか、ハノイのフォーとの違いは

コメント

カテゴリー

月別

タイトルとURLをコピーしました