ホーチミンの繁華街ブイビエン通りのバー・パブが再開

約2か月間の営業停止の後、5月8日の夜、ホーチミン1区のブイビエン通り(通称バックパッカーストリート)にある多くのレストラン、バー、パブが再開し、元の賑やかな雰囲気に戻りつつある。

ブイビエンストリート
画像出典:kenh14.vn

再開初日、 観光客の数は大幅に減少し、ベトナム人もおそらくは再開されたという情報にまだ接していないため、多くの店のテーブルや椅子の数は以前より少なく、売上は今一つだった。

政府の通知が来てから、カラオケ、ディスコを除き、ブイビエン通りの多くのバー、パブ、ローカル居酒屋などの不要不急サービスが再開された。

多くのスタッフが喜んで夕方の早い時間にテーブルや椅子を用意し来客を迎えた。

営業再開となったが、店長やスタッフは新型コロナ対策として客の検温や手の消毒を徹底している。

ブイビエン通り
画像出典:kenh14.vn

「約2か月ぶりにようやく再開できてすごく嬉しいです。この2か月間の生活はとても大変でしたが、この苦しみはみんな同じなので共感し合い、この時期を乗り越えるしかなかったのです。ベトナムは本当に効果的なコロナ対策を取って制御できているので良かったとおもいます」とブイビエン通りのモナコビール店を管理するグエン・ティ・リュウさんが言った。

リュウさんと同じ喜びを感じたクラブのオーナーたちも通りに出て来客を迎えた。多くの人はバーの前に座り、「復活した」ブイビエン通りを眺めていた。

完全に元通りの賑やかさに戻っていないが、ホーチミン市で最も魅力的な繁華街が復活することは社会正常化への第一歩として歓迎されている。

出典:kenh14.vn

関連記事:  新型コロナで変わったベトナム人の消費傾向

コメント

カテゴリー

月別

タイトルとURLをコピーしました