ベトナム人女性が41歳年下の外国人男性と結婚

65歳女性が24歳の外国人男性と結婚

65歳のグエン・ティ・ホアさん(ドンナイのロンタン地区に在住)は24歳の外国人男性と結婚した。

ベトナム人女性がこれほど年下の外国人男性と結婚するのは珍しく、話題になっている。

年の差カップル画像出典:Thanh Niên

ラブストーリーの主人公であるホアさんでさえ、「どうしてこんなことになったのか今でもわかりませんが、とりあえず毎日悔いを残さず幸せに生きていこうと思います。この歳ではもう失うことなんてないんですから」と笑いながら言った。

ホアさんは随分昔に夫を亡くし、今はロンタン地区で娘と暮らしている。歳を取ったホアさんは、同じ年齢層のダンス仲間と踊ることが唯一の娯楽であり、これ以上の付き合いなどは求めず、結婚することなど考えもしなかった。

しかし、2018年の終わりごろ、ホアさんのフェイスブックページで突然、パキスタン人のジョニという男から友達の招待が来た。

ジョニはカーリーヘアで肌は褐色のイケメンだった。写真を見て興味を持ったホアさんは、同意のボタンを押し、国境を越えたラブストーリーはここから始まった。

「私たちはフェイスブック上でチャットし、3日後にジョニはベトナムに行きたいと言い出し、私は今度家に遊びに来ても良いと返事しました。
ジョニは、何故私はジョニのことを弟みたいな呼び方をしているのかと聞き、私は君はまだ若いと答えました。
するとジョニは不満で、弟になりたくない、恋をしたいと言いました。
私はもうおばさんだから無理と断ったが、ジョニはお互いを愛し、幸せになれればそれで良い、パキスタンでは年の差結婚は問題ではないと言いました。
若くても誠実でない女は嫌いで、年を取っていても誠実ならそれで良いと。
最初、私は断り続けましたが、ジョニがどうしても付き合いたく、私が拒絶したら自殺すると言い出したので、仕方なく受け入れました。
その後、彼はベトナムに行きたいと言い、すぐ断りましたが、彼がベトナムに来て私の老けた姿を見たらすぐ諦めて帰国するだろうと思い、結局勝手にして良いと答えました。
しかし私たちが空港で初めて会ったとき、ジョニは私を抱き締めてくれました。
彼は私を見てすぐ好きになったと言いました」とホアさんは語った。

ジョニが最初にベトナムに来たのは2019年8月8日であり、滞在期限が切れて帰国し、その後また何度かベトナムに戻り、これまでに3回ベトナムを訪問している。

二人は、2020年6月3日にロンタン人民委員会で結婚証明書を作った。

お互いを理解するためにジョニは英語を話し、ホアさんはベトナム語で喋りスマホで英語に翻訳してもらう。

一緒に暮らしてしばらく経ち、ホアさんは日常会話で使ういくつかの言葉を少し理解できるようになった。

ジョニは「私は彼女を愛しています。最初はただのフェイスブック上での友達でした。
でも、毎日朝から晩までひたすらチャットし、いつの間にか友情から恋に落ちてしまいました。
これは正しいかどうか、最初はいっぱい考えましたが、結局私は自分の心に従い、彼女に会いにベトナムへ行くと決断しました」と話した。

出典:Thanh Niên

関連記事:  連休でダラットは混雑、マスクなしで密接状態も

コメント

カテゴリー

月別

タイトルとURLをコピーしました