ベトナム政府、30歳までに結婚することを奨励

出生率調整プログラムが承認された

ベトナム政府は男女ともに30歳までに結婚し子供を産むこと、特に2人目の子供は女性が35歳前に産むことを奨励している。

家族写真はイメージ

4月28日、首相により承認された2030年までの出生率を調整するプログラムは、全国の出産率を安定させる目的がある。

今までのデータによると出産年齢の女性は平均2〜2.2人の子供がいる。

若者を30歳までに結婚しやすくするため、各地方自治体は若者たちが出会うきっかけになる活動、友達作りのクラブ、サークル、友達作りのサポート、結婚前の健康アドバイスなどをする必要がある。

母と子に科学的に最も良い出産年齢は20〜35歳であるため、女性は35歳までに結婚し妊娠することを勧めている。

35歳以降に妊娠する女性は子癇前症、流産、早産、子宮外妊娠などのリスクがあり、子供はダウン症、遺伝子変異を起こす可能性が高まる。

出生率調整プログラムでは、夫婦が子供2人を持つことを奨励するための支援策を出すよう政府は各地方に要求している。

出生率の低い地域は数値を上げ、目標出生率をクリアした地域は数値を維持する必要がある。

この報道に対して、「たくさん子どもを産んでも大変なのは女性。妊娠中に不倫されたりするし、発覚した時に離婚することになる」「俺は30歳近いけど、どこに行ったら嫁を貰えるのか」「米のATMに続いて嫁のATMができそう」などのコメントが寄せられている。

出典:VnExpress

関連記事:  ベトナムの新型コロナ対策ポスターがクール(16種類)

コメント

カテゴリー

月別

タイトルとURLをコピーしました