ハノイ・ノイバイ空港で便数大幅増加

4月24日、ノイバイ空港 (ハノイ) に100便以上が着陸し、社会的隔離終了前の2倍になった。

ノイバイ国際空港の代表者によると、109便の内、国内線が58便(旅客47便、貨物11便)、残りは国際貨物便である。

社会的隔離緩和の初日(4月23日)、ノイバイ空港は88便を迎えた。そのうち国内線が45便 (旅客37便、貨物8便)。

社会的隔離の期間中、ノイバイ空港は毎日10便前後の旅客便と約40便の貨物便が発着した。新型コロナウイルス発生の前では毎日530〜550便が運航していた。

ノイバイ空港乗客は搭乗待ちラウンジで距離を空けて座っている

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、ノイバイ空港ではすべての乗客が2メートル以上離れて列に並び手続きをするように手配した。

保安検査場や搭乗口などの地面には2メールごとに立ち位置を示す目印が貼り付けられ、ラウンジやベンチエリアなどには注意を促す看板が配置されている。また、バスの乗客は最大20人まで制限されている。

出典:VnExpress

【おすすめ】ハノイから行ける ベトナム北部の少数民族紀行 かわいい雑貨と美しい衣装に出会う旅

関連記事:  新型コロナによりホーチミン市の教師41,700人が収入を失った

コメント

カテゴリー

月別

タイトルとURLをコピーしました