ホーチミン市東部都市計画により開発が加速

ホーチミン市の東部都市計画 (2区、9区、トゥードゥック区が合併) は、当地で大規模住宅プロジェクトブームをもたらす可能性がある。

ビンホームズグランドパーク

新型コロナによる停滞は、ホーチミン市東部都市計画で改善された。
専門家によると、計画案が承認されるには政府の審査が必要だが、既に不動産市場に少なからず影響を与えている。

ビングループ、ノバランドなどの国内デベロッパーのみならず、キープランド、キャピタルランドなどの外国デベロッパーも既にホーチミン市東部の不動産事業に参加している。
ヴァンフックシティ(トゥドゥック)、ビンホームズグランドパーク(9区)、サラ(トゥティエム、2区)などの東部の住宅プロジェクトは、大都市圏の形成に繋がる。

DKRAベトナムのCEOは、ホーチミン市東部に巨大な資本が流入した第一の理由は、この地域がホーチミン市、ビンズオン、ドンナイ、ブンタウの主要経済地域を結ぶ重要な位置にあるためだと述べた。
2番目の理由は、近年積極的に行われている交通インフラ整備だという。ホーチミン市は現在、約216の交通インフラプロジェクトを実施しているが、東部地域のプロジェクトが70%を占めている。

Ngoc Chau A Companyの責任者であるハン氏によると、東部都市計画は住宅需要増加のみならず、雇用を創出し、国内外の投資マネーを呼び込むなどの経済効果があり、さらに一極集中を緩和する効果も期待できるという。

出典:VnExpress

関連記事:  首相は医療費、授業料、切符などで電子決済を推進させるよう指示

コメント

カテゴリー

月別

タイトルとURLをコピーしました